日本からの持ち物リスト

パスポート これがなければ始まらない(パスポート取得方法
※有効期限は必ず確認!滞在予定期間+3ヶ月必要です。
航空券 格安航空券をねらうなら、早めの予約を忘れずに!
Yahoo!トラベルトラベルコちゃん
ニュージーランド航空やJetStarはオンライン購入がおススメ。
観光ビザで渡航する場合は、NZeTA(電子渡航認証)と、ニュージーランドから出国予定の航空券が必須です。
帰国日が決まっていない方は、キャンセル・変更が可能な航空券が便利。
ビザ 3か月を超えない滞在の場合、ビザ申請は不要。
NZeTA(電子渡航認証)の登録と取得が必須。3か月を超え滞在の場合,必要なビザの申請を行いましょう。
※取得したビザは学校に提出します。印刷して渡航時にご持参ください。
現金 両替はニュージーランドで行う方が為替レートが良いので、現地での両替がオススメです。ホームステイの方や、到着日が週末(土曜日・日曜日・祝日)の場合は、両替所が休みだったり、すぐに行けなかったりする事もあるので、当面の生活費(数万円ほど)は日本で両替し、持ってきておくと安心。
海外旅行保険証 学校の通学には、海外旅行保険の加入が必須です。ユニケア海外旅行保険
急な怪我や病気に、海外での治療は高額になります。
緊急時の治療費など、100万円超の請求が来ることも!
ASACを通して保険に加入する方は、病院での診察後、保険会社への連絡もサポートしています。
国際運転免許証 現地で車を持ちたい方は必須です。日本の免許取得後2年以上経っている場合、ニュージーランドの運転免許証を取得して、運転することも可能です。
※ニュージーランドの免許証を申請するには、日本の免許証原本が必要です。

日用品

洗面具 現地で購入できるので、初めの数日分だけで十分。成分や肌が心配な方は、使い慣れたものを持ってくるのもよいでしょう。
サングラス
日焼け止め
帽子等の紫外線対策グッズ
NZはとても日差しが強いので(日本の7倍だとか)、紫外線対策グッズは必需品! もちろん、現地のスーパーや薬局でも購入できますが、現地のクリームは強い場合があるので、顔用は日本から持参してもよさそう。
薬類 かぜ薬や頭痛薬など、普段使っているものを。アレルギーなどがある人は、日本の病院で多めに処方してもらうと良いかもしれません。特に到着した時に風邪をひく方が多いです。

※ 医師から処方された薬を持ち込む方へ
・3ヶ月を超える分量の場合は入国審査カードに記載して申告が必須。
・3ヶ月以下の分量の場合でも、英文での処方箋、または医師からの手紙が必要です。
・医薬品が元々入っていた容器に入っていることが必須です。
・経口避妊薬は6ヶ月分までの持ち込みが認められています。

その他おススメ
・ムヒ、虫よけ:自然豊かなニュージーランドでは虫刺され・ダニ刺されが頻繁。
・花粉症の方は目薬があると良い!日本でも売ってるような花粉症の目薬がない。

爪切り 現地でも買えますが、日本製が切れ味も良く、使いやすい!
折りたたみ傘 NZでは傘をさしている人が少ないですが、季節によって雨が多いので軽量なものがひとつあると便利。

洋服

下着、靴下 NZのものは質が異なるので、1週間分持ってくると便利かも。

【留学経験者からのコメント】
日本の靴下は可愛いので、ホームステイ先の子どもへのお土産にしました^^

夏服・冬服(オークランドの場合) 年間を通して昼と夜との気温差が激しいので、夏でも何着か羽織りものが必要です。

春 9~11月:肌寒さが続きます。パーカーやトレーナーが大活躍!
夏 12~2月:昼は半袖OK!朝夕は冷えるのでカーディガンなど羽織るものを。
秋 3~4月:雨が多くなるので、防水加工の靴や服が大活躍!
冬 6~8月:ヒートテック必須!厚手のコートも欲しいところです。

ジャージ、スウェット類 部屋着用にあるととっても便利です。
バスや電車などを使って歩くので、履きなれた靴が良いでしょう。

※靴のサイズが小さい方
靴のサイズが小さい方は、日本から何足か持ってくるのがオススメです。
※女性の方へ
オークランドは坂が多いので、ヒール靴よりもフラット靴の方がオススメです。

【留学経験者からのコメント】
・ニュージーランドは、ウォーキングコースやトレッキングの機会などが多いので、履きなれたウォーキン/トレッキングシューズなどあったら、持参がオススメ!
※注 靴裏についた泥や汚れはきれいに洗い流して置く必要があります。

水着 夏は放課後や空き時間をビーチで時間を過ごすのも、またニュージー流!
温泉に行くときも、水着が必要です。
黒色の衣類(レストランなどでのアルバイトをする予定の方) 現地でレストラン等、サービス業のお仕事を希望している方は、ユニフォームとして上下黒色の衣類を指定するお店が多いです。すでに持っている黒い服・パンツ・靴があれば、現地で購入する必要はありません。

女性の必需品

生理用品 日本の物の方が品質が良く安いです。荷物が多い人も、夜用だけでも持ってくるのがオススメ。
基礎化粧品類 肌が弱い人は、自分に合ったものを持参するのがおススメ。入国して落ち着くまでは体調を崩したり、肌も荒れがちになるので、ビタミン剤なども一緒に持ってくると良いでしょう。デパートに行くと日本にもあるブランド品が揃っていて、スーパーではニベアやジョンソン&ジョンソンなどの化粧品が手に入ります。ただ日本の商品はこちらで買うと高いです。
下着類 サイズが異なるので、日本で購入して持参するのをオススメします。
※ホームステイを予定している方
洗濯が週に1回が平均的なニュージーランドファミリー。多めに持ってくるのがおススメです。
 洗濯バサミ付ハンガー ホームステイ後、フラットを検討している方には必須です!現地では洗濯バサミ付のハンガーがありません。100均で売っているような小さなもので十分なので、荷物に余裕がある方、女性にオススメです!またニュージーランドで、デリケートなお洋服や下着を洗濯するのにはネットが欠かせません。ネットは現地でも購入できます。

その他

リュック デイパックタイプのかばん:移動中、両手が使えるので便利です。教科書や資料などを持ち運ぶには、デイパックが一番便利で快適です。
バックパック:長期で旅行を検討している方には、スーツケースをゴロゴロするよりもバックパックがオススメです。
電源変換プラグ O型のプラグ(ハの字のプラグです)。100円ショップで購入できますし、現地でも手に入ります。
電子辞書 英英辞典があるものがおすすめ。日本で使っていたスマホなどでも代用可。
日本製の筆記用具 もちろん、現地で筆記用具の購入はできますが、日本製は性能が良く、使いやすく壊れにくい。
英会話の本・文法などの参考書 授業の予習・復習はもちろん、ホームステイ家族との会話に慣れていない方は、使い慣れた1冊を持ってくることをオススメします。

あると便利なもの

スマートフォン
ノートパソコン
タブレット
NZでは図書館やマクドナルド、カフェに無料のWi-Fiスポットがあります。
現地でお仕事を検討されている方は履歴書を作成したり、希望先にメールをしたりなど、パソコンがあると便利ですし、学生の方も課題を作成するのに使用します。
学校にはコンピューター室があるので、そこでパソコンを使用することもできます。

※スマートフォンを持参予定の方は…
SIMフリーのスマートフォンの場合は、ニュージーランドのSIMカードを挿入するだけでニュージーランドでも使用できて便利です。
docomoやau、SoftBankなどのキャリア系スマートフォンをお持ちの場合、日本出国前にSIMロックを解除しておきましょう。

SIMロック解除について
docomo
au
SoftBank

クレジットカード
国際キャッシュカード
VisaやMasterCardであれば使えます。JCBやAmexはNZではあまり普及していません。
現地のATMで日本の銀行口座から引き落としができる国際キャッシュカードがあると便利です。
コンタクトレンズケア用品 NZでも手に入りますが高いです。
サンダル 家の中でも旅行中でもスリッパ代わりに使えて便利です。現地でも購入できます。

「これは必要かな?」「これもあった方がいいかな?」
準備をしていて、そう思うことがあったらお気軽にお尋ねくださいね!