入学手続きだけでなく現地サポートも完全無料!

TESOL&J-SHINEの体験談!

私は日本で保育士を4年している中、NZへの旅行をきっかけに英語の環境は子どもの時期に必要だなと感じ、このコースに決めました。ですが、仕事ではもちろん日常も日本語しか使っていないので、すっかり英語からは遠のいていました。まずは一般英語を7ヶ月間受け、その後Tecsolコースをうけました。このコースでは幼少期の子どもたち対象なのでwriting よりspeakingが必要だよと学校のスタッフから言われて私の英語力で大丈夫かなと少し不安がありましたが、長い文法というよりは「Let’s sing a song」などの簡単な短い文章なので日常会話がある程度できるレベルであれば大丈夫でしたよ。始まって翌日からプレゼンテーションが毎日のようにあり、準備などは正直大変でした。でもクラスメイトと助け合いながらそれをこなしていく内に発表も上達していきますし、アイディアもシェアできるので、日本に帰ったら役に立つことばかりでした。

授業の様子

TESOL+J-SHINE 先生は元々保育園や小学校で教えいたので、経験を元に様々な事を教えてくれました。保育の専門用語なども出てくるので時々難しいですが、みんなで確認しあいましたよ~。
最後の週にはモデルレッスンということで一人30分のプレゼンテーションを行います。私の友達(ASAC利用者)は「国の名前」を英語で教えることを目的として繰り広げていました。地図も国旗カードも手作りです。毎日行うプレゼンテーションは10分と短いですが、授業の様子は右の写真と同じ様子です(*゚▽゚*) TESOL+J-SHINE
TESOL+J-SHINE 毎週木曜日の午前中は各地の幼稚園訪問をし、そのときに歌を歌ったり、自分たちで作った絵本を読んであげたりしますよ。左の写真はポリネシアんの小学校に訪問する予定で、練習風景です。英語の食べ物の歌を日本語と韓国語で。
生徒は日本人6人、韓国人2人の合計8人。最後の日は先生にメッセージカードをプレゼント!大変な時期を共に助け合いながら過ごしたチームメイトとは今でも連絡を取っていますよ! TESOL+J-SHINE

ASAC利用者の方が作った絵本(左)です。私が作った絵本(右)です!3週間目には手作りの絵本を作りますよ~!

TESOL+J-SHINE tecsol6

J-shinの授業をして下さる、大友先生です。彼はNZで日本語補修学校を開校しており、移住してきた日本人の子達などに日本語の授業をしていますよ。とても優しい先生です!J-shineの授業は毎週水曜日の朝8:30から9:30までです。 tecsol7

PAGETOP